October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

休み明けは、画像と動画の保存が仕事。

今年のゴールデンウィークは京都で6日間も過してしまった。で、その余波もあってか、連休明けはけっこう忙しく、自宅ではパソコンに向かう気力がまったく起きなかった。そんなわけで、1ヶ月ぶりのブログ更新である。

さて、こうした長期の休みの後で、まずやらなきゃいけないのが、旅先で撮ったデジカメ写真とムービーの整理だ。今回は、デジタル一眼レフのE-510と、ムービーデジカメことDMX-HD1000を持参したが、写真はHD1000で撮影したものと合わせて300枚ほど、ムービーは総撮影時間が3時間(16GB)ほどになった。
写真の整理については、MacのiPhoto'08を愛用しているが、こいつはとにかく使い勝手がいい。徐にカードリーダーをMacにつなぐと、自動的にiPhotoが起動し、とりあえず、日付単位での取り込みが始まる。つまり、6日間の旅行であれば、6個の日付別フォルダ(というか、グループ)がiPhoto上に作成される。ここまでは大半の画像管理ソフトでも可能だが、iPhotoが優れているのは、こうしてできたグループの結合がドラッグ&ドロップで簡単できる点。僕の場合は6個のフォルダをまとめて、一つのグループとし、「2008G.W.京都」などとイベント名を付けた。一方、日常の写真についてはいちいちイベント名なんか付けていられないから、そういうものは日付フォルダのままにしておく。新しいiPhotoは、基本はイベントごとの管理となっているが、実際には日付とイベントの両方が共存可能。僕はこの融通性が気に入っている。
さらに、.Macとの連係も便利だ。.Macを契約していれば、iPhotoからワンタッチで、そのイベント内の画像をすべて.Macにアップロードして、フォトアルバムとして公開することができる。もちろん、これで、大事な画像のバックアップも同時に行ったことになるわけだ(ほかにTimeCapsuleにもバックアップされている)。

一方、DMC-HD1000で撮った動画はこれまで通り、HD1000用のクレードルに接続しているUSB HDDに保存。手持ちのHDDを流用しているため、容量が160GBと心もとないが、30時間は保存できる計算なので、1年弱はもつだろう。
HDDの価格はドンドン下がっているので、きっと1年後には500GBのUSB HDDが1万円程度で手に入るはずだ。ちなみに、この動画は同時に250GBのNASにもバックアップをとっている。

それにしても、ほかの人は増え続ける画像&動画をいったいどうやって保存しているのだろう?
特に最近は、「DVDの寿命は10年以上」という常識が浸透しつつあり、数年に1度、新しいDVDにコピーし直せという論調の記事も見かける。もちろん、導入コストが高く、故障したときのダメージが大きいHDDは最初から相手にされない。しかし、仮に年に30時間ぶんの動画(160GB)をDVDで保存したとすると、最低でも34枚。なんと3年で100枚になる。これだけの枚数をコピーし直すなんて、いくらなんでもナンセンスだろう。もちろん、3年もたてば、ブルーレイが当たり前になっているだろうが、ブルーレイでも10年たてば、30枚以上。容量にして、1.6TBという計算。これを手動でコピーし続けるのは、ちょっとあり得ない。

それに、今度、動画はデジカメ画像のように、もっとカジュアルになっていくわけで、すると、実際の保存容量はさらに膨れ上がっていく。もしかすると、容量50GBのブルーレイディス クだって、将来が安泰とはかぎらない。ああ、ちょっと話がそれてきた。動画の保存については、次回、改めて語ることにしたい。

サイゾーが吐血。

玄が生まれてから、サイゾーは1階のリビングで一人で寝ている。で、日曜の朝、僕が起きてリビングに行くと、しばらくして、何かを吐きそうに(たまに、紙とか布を食って吐く)!

慌てて、口元に新聞紙を持っていくと、そこに胃液と唾液が混ざったような泡っぽいものを吐く。泡が消えていくと、どうも吐いた液体が赤い。素人の僕が見ても、明らかに血に見える。念のため、さっちゃんを叩き起して確認してもらうと、やはり血だという。そういえば、朝したサイゾーのウンチは黒かったし、それも出血のせいかも……。

うむむ、やばい。吐血した量は5ccくらいあって、人間なら10倍の50ccという計算。即、胃潰瘍とかガンを想像するところだ。しかし、サイゾーの掛かり付け医は、日曜日なのでお休み。おまけに、外は土砂降りと来ている。幸い、サイゾーは苦しそうではないので、さっちゃんと相談して、月曜日の朝、病院に連れて行くことにした。

で、月曜日。サイゾーとさっちゃんと玄ちゃんと僕という家族総動員で出動。とりあえず、お医者さんにデジカメで撮ったサイゾーの吐瀉物を見せる。すると、お医者さんは、いろいろと僕らの話を聞き、サイゾーが元気そうなのを確認した上で、まずは様子を見ましょうという判断。そして、もし数日して、また血を吐いたら、ウンチも一緒に持って来て欲しいとのこと。病気の疑いが100%晴れたわけではないが、まずは一安心。サイゾーはしばらく安静にすることになった。

先生によると、犬が血を吐くのはそんなに珍しいことではないという。食べなれないものを口にしたり、硬いものを食べたりした場合などがそうで、犬によってはもっと大量に血を吐くらしい。また、内臓疾患的なものなら、まず元気がなくなり、食欲も落ちるから、それでわかるし、ちょっとしたことで精密検査をするのもおすすめしないという(検査のダメージのほうが心配)。すぐ検査したがる医者もいるけれど、そういう医者は要注意とのことだった。

そういえば、土曜日の晩、サイゾーに甘栗を皮ごとやったのを思い出した。もしかして、あ、あれが悪かったのか? だとすると、サイゾーには本当に悪いことをした。すまん、サイゾーよ。

そして、日曜から二日過ぎた今日。今のところ、サイゾーは血も吐かず、どちらかというと、うるさいくらい元気である。

続・Amazonプライム。

昨日の記事で、Amazonプライムは、Amazonにとってはメリットがあるけど、消費者にとってはちょっと微妙、といった主旨の記事を書いた。

ところが、それを読んださっちゃん曰く、「でも、新刊の予約がしやすくなるよね」。確かに、雑誌やコミックで発売日はちょっと先、しかも1500円未満という場合、Amazonで購入するのをためらった挙げ句、それっきり、その新刊の発売すら忘れてしまうなんてことはよくある。

これは、コストの問題ではなく、機会損失の問題だ。つまり、機会の損失を防ぐために、いくらなら払うかという話である。うーん、これは個人差があるから、的確な判断はさらに難しい。確かに、「ああっ、あの時、買っておけばよかった!」なんてことはよくある。これって、たぶん送料300円をケチらなきゃよかったということではないだろうか?

だとすると、単純に年に13回もそういうことがある人は、Amazonプライムに入ったほうがいいことになる。ただ、実際には年に13回も新刊を予約することはないだろうし、それよりは毎回300円払ったほうが、結果的にはお得になるはずだ。しかし、この辺がAmazonのうまいところで、人は同じ金額であれば、それを分割で払うより、一括で払ったほうが安心するという心理を利用しているように思う。毎回、300円余計に払うのがもったいないな〜と思うより、覚悟して、先に3900円を払ったほうが精神衛生上、いい。実際、人は忘れてしまう動物だから、一度払っちゃえば、後はAmazonプライムの便利さしか残らない。元が取れているかどうかなんて関係なくなっちゃう。これって、どっかで聞いた話だと思ったら、1980円で借り放題というネットのDVDレンタルに近い。我が家も以前は利用していたが、元が取れない月がずっと続き、結局やめてしまった。

うーん、さっちゃんの言うことに一理はあるけど、よく考えたら、俺が3900円払えば、私は便利に使わせもらうということなのか〜!

久々にオークションに打って出る。

実に2年振りに、Yahoo!オークションをやってみた。
G.W.に実家に帰り、父のパソコンのメモリーを換装。そのとき、余ったメモリーがとても特殊なタイプ(ソニーのバーチャルチャンネル式SD-RAMの256MB)で、オークションでは数千円で取引されていることを知ったからだ。メモリーなので写真撮影も簡単。売れても梱包や発送は簡単。土日の小遣い稼ぎにはうってつけというわけだ。

ただ、2年間もオークションから離れていたため、Yahoo!オークションのシステムがけっこう変わっていてビビッた。簡単にいうと、相手との連絡のやり取り、お金と商品のやり取りが格段に便利になっている!
一つは、Yahoo!かんたん決済。これは、Yahoo!が間に入って、落札者と出品者の間の支払いをスムーズに行うシステム。これまで、出品者は落札者に自分の口座情報を伝える必要があったが、Yahoo!に事前に口座を登録しておけば、落札者にそれを伝える必要がない。落札者も、Yahoo!かんたん決済のページからクジットカード決済か銀行ネット決済を選択するだけ。相手の振り込み先口座を間違えてトラブルこともない。
もう一つは、Yahoo!ゆうパック。こちらは、発送するときに提携先のローソン、ファミマの端末を使えば、自分で伝票を記載しなくていいというもの。具体的には、落札後、送り先の相手の連絡先がわかったら、それをYahoo!ゆうパックのサイトで入力。そのときの管理番号みたいなものをローソン、ファミマの端末に入力してやれば、相手の連絡先がプリントされた発送伝票がレジのプリンターから出てくる。しかも、発送処理が済むと、自動的に落札者にその連絡がメールで届くという、実に簡単・安心なしくみ。

ちょっとYahoo!オークションの宣伝っぽくなってしまったが、以前より実に簡単かつ安心なシステムになっていることは確か。ちなみに、今回はメモりーのほかに、400万画素のデジカメ(パナソニック・DMC-FZ10)、Bluetoothヘッドホンを出品。締めて、3万2000円ほどの収入となった。やっぱり、久しぶりにオークションをやると疲れる。でも、なかなか楽しかった。ちなみに、この軍資金を元手にThinkpad R51を4万4500円で落札。差し引き、1万2500円でPentiumM 1.5MHzの15型ノートパソコンが手に入るのだから、オークションはやっぱ楽しいッス。

夏ケータイは、ワンセグでいくか?デジカメでいくか?

「DoCoMo2.0」というイマイチ意味不明なキャッチフレーズ(これから本気出しますよということらしいが、それは社内で言ってればいいだけのことで、ユーザーにはまったく関係のない話)とともに904iシリーズを発表したドコモに引き続き、一昨日はau、ソフトバンクからも相次いで夏ケータイが発表された。朝日新聞では「携帯、多機能化に一服感」なんて取り上げ方をされているが、それは単に、記者自身の気分がそうなだけだろう。

実際、各社のケータイをよ〜く見てみると、「多機能化に一服感」どころか、まだまだ機能を詰め込んでいこうという気持ちがありありだ。僕はauユーザーなので、au端末に目が行きがちだが、auだけを見てもとにかくすごい。まず、ぐぃっと心を鷲掴みにされたのが、カシオのEXILIMケータイ W53CA。な、なんと500万画素CMOSを搭載。その性能はまだ定かではないが、これならケータイとデジカメの持ち歩きは必要なさそうだなぁ。いいなぁ。
そして、今季の新たなトレンドともいえるのが、ボディの防水化とワンセグの予約録画への対応だ。防水を売りにしたケータイは過去にもあったが、今度のauのW53SAとW52CAは防水があたりまえといったスタンスで、お風呂でもワンセグが見られるというのがすばらしい。しかも、この防水化をより意味のあるものにしているのが、ワンセグの予約録画機能だ。これまでのワンセグ端末は、一部の機種を除き、そのほとんどがリアルタイム視聴&録画のみで、予約録画ができなかった。しかし、今季は予約録画があたりまえ。現状、自宅のお風呂でワンセグが映るという人は非常に少ないと思うが、この予約録画機能があれば、自宅の受信状態のいい場所で好きな番組を録画しておき、それをお風呂で見るということができる。ちょっと前に、「お風呂でテレビ」という記事を書いたが、もうあんな手間のかかることは必要ないわけだ。

本当の高機能化とは、単に何でもできるということではなく、その機能の具体的な利用シーンがしっかりと想像(創造)できることだろう。電波の入りの悪いところ、水しぶきのかかるところ。いつでもどこでもワンセグが楽しめるというのは、まさにユーザーの求めるところ。夏ケータイは、「高機能に一服感」なのではなく、「地に足のついた高機能化へ」という見出しがぴったりだろう。

セグウェ初体験!

「人間の移動形態に革命をもたらす夢の乗り物」ともてはやされたセグウェイが2001年に登場してから、もう5年がたつ。当時は、その実態が明らかにされず、謎の乗り物とか、そのコードネームからジンジャーとか呼ばれたりしていたが、日本ではビデオジャーナリスト・神田敏晶氏の逮捕騒動以降、すっかりセグウェイは話題性を失ってしまった。
一番の理由は、現在の日本の道交法では公道を走れないこと。扱いとしては原動機付き自転車となるため、ブレーキや方向指示器が必要となるが、セグウェイにはそもそもブレーキが不要だし、その場でくるくる回れる乗り物に方向指示器なんて意味がない。そうした法規制を改善すべく、ブッシュ大統領が小泉元首相にセグウェイをプレゼントしたこともあったが、当の小泉さんは退陣間近の時期。もはや、そんなことにかまっていられる状況ではなかった。
とまぁ、そんなこんなで日本でのセグウェイの普及は夢のまた夢と思っていたが、先月、日本SGI(シリコングラフィックス)が国内初の正規総代理店となったことを表明。話はガラリと変わってきた。なぜIT企業の日本SGIがセグウェイを手がけるかについては、こちらのサイトを見てもらうとして、以下は、僕のセグウェイ体験談である。
新型セグウェイ
» read more

リフレッシュ休暇中でした。

勤続10年ということで、5日間のリフレッシュ休暇を取得(短っ!)。この程度ではリフレッシュにはならないよなぁと思いつつも、3泊4日で沖縄に行ってきた。もちろん、さっちゃん、サイゾーも一緒。
無事、本日、帰宅したが、沖縄の天気は残念ながら、連日、雨。詳細は、後日、特集記事を作成の予定。

本日より4日間、夏休み。

サイゾー@新幹線はやてです。
実家のある八戸に爆走中。さっちゃんは爆睡中。東北はやや曇気味だが、東京と変わらす暑い! サイゾーはカバンの中でヘェヘェいってて、少々かわいそう。


お散歩はまだですか?

実家から帰って、さっちゃんが風邪でダウン。続いて、昨日から僕もやられ(つーか、見事にうつされました)、わが家で、唯一、元気なのはサイゾーだけです。今日も彼はぬいぐるみと格闘中(実家の母が買ってくれたぬいぐるみはすでに目や口が取れかけ……)。
でも、本当はお散歩に行きたいはず。そろそろストレスがたまって来ているのではないだろうか? すまん、サイゾー。








3億円の夢に群がる人々。

久々にケータイから更新です。
今日、取材で帝国ホテルに行った帰り、銀座のチャンスセンター(よく当たる宝くじ売り場)の前を通りかかったら、すごい人だかりでした。どうやら年末ジャンボ目当ての人みたいです。台風一過の晴天ということもあるんでしょうが、平日にわざわざ、これだけの人が集まるってのは、やっぱり不況なんだと思う。特に、お年寄りが多かった。ちなみに、最後尾は1時間待ちらしいけど、ざっと1000人はいたと思う。
それにしても、日本一当たる→それだけたくさん売れる→外れる人もめっちゃ多い(たぶん期待値は他と変わらない)、ってことなんだけど、やっぱりみんな夢を買ってるのかな?
僕は基本的には目先の3000円で何かうまいもん食べたい派ですけどね。








12>|next>>
pagetop