May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

たくさんの感動と驚嘆をありがとう!


スティーブ・ジョブズ、本当にお疲れ様でした。
ご冥福をお祈りします。

そして、新たな旅立ちをする新生アップルに幸あれ!

MacBook ProのHDDとバッテリーを交換。

2008年11月に購入したMacBook Pro 15インチ。こいつは、Appleがユニボディに本格的に力を入れ始めた記念すべきモデルだ。

その後、Appleはさらにユニボディ化を推し進め、今のMacBook Proはバッテリーの交換すら自分ではできない一体型構造になってしまった。しかし、この初代ユニボディのMacBook Proは、幸か不幸か、バッテリーの取り外しが簡単に行える。そのうえ、HDDがバッテリー脇に配置されているので、工具さえあれば、なんとHDDの交換だって手軽に行えるという仕様だ。


で、そんな僕のMacBook Proだが、さすがに1年と8ヵ月も使うと、いろいろと支障が出てくる。まず一番の問題は、元々、320GBしかなかったHDDの容量がいよいよ残り少なくなってきたということ(あと20GB)。そして、先日、ふとMacBook Proの背面を見たら、バッテリーが膨張して、バッテリーカバーをわずかに持ち上げている。気づかなければよかったのだが、これはこれでかなり気になる。

というわけで、早速、そのコストを調べてみたところ、一昔前とはがらりと事情が変わっていて驚いた。まず、HDD(2.5インチ・SATAインターフェース)だが、最近は500GBタイプが5000円前後で手に入る。僕は日立のHTS545050B9A300(回転速度5400rpm・厚さ9.5?)を秋葉原のTWOTOPで購入したのだが、価格はたったの4990円。つくづく、いい時代になったと思う。一方、バッテリーだが、こちらはYahoo!オークションで、純正品を5800円でゲット。送料が600円かかったが、それでもAppleStoreの半額以下。もう1本買ってもよかったと思わせるほどの激安ぶりだ。

結局、思い立って3日ほどでパーツを入手。バッテリーは単に入れ替えるだけなので、何の手間もいらなかったが、少々手間取ったのが、HDDの交換だ。精密ドライバーとトルクスドライバー(T6というサイズ)があれば、HDDの換装自体は難しくないが(物理的な取り出し・取り付け方法は他サイトを参考にしてほしい)、やり直す羽目になったのは、HDDの復元だ。

Macの場合、TimeMachineでバックアップを取っておけば、簡単に以前の状態に戻すことができる。この復元の簡単さはMacの大きなメリットだが、気を付けたいのはアカウントの重複が認められないという点(当たり前のことだけれど)。具体的には、新しいHDDに以前と同じアカウントを登録してしまうと、バックアップから書き戻すアカウントと重複してしまうことになり、書き戻すほうのアカウントは変更を余儀なくされる。これには、気を付けたほうがいい。

僕の場合、それに気づかずにバックアップの復元を進めてしまったので、重複したほうのアカウントには勝手に数字の1が加えられたアカウントになってしまった(saizoがsaizo1というぐあい)。しかも、このアカウントは後から簡単に変更することはできないため、結局、復元をやり直すことにした。ちなみに、1度めの復元はTimeCapsuleから無線LAN経由で行ったため、所要時間は丸一日。さすがにそれはうんざりなので、今度は有線LAN経由。こちらは半日で終ったものの、結局、全行程に丸2日を費やすことになった。

もっとも、丸2日とはいっても、ずっとMacBookの前にかじりついていたわけではないので、まぁHDDの換装としては至って楽チンな部類。しかも、バッテリーまで新品になって1万円チョイで済んだのだから、今時のパソコンは安上がりだ。iPadが来てから、最早データの保管庫かSkype用としてしか使われなくなったMacBook Proだが、これで、あと1年半くらいは頑張ってくれそうだ。

Magic Mouse到着。


ようやくMagic MouseがAppleStoreから到着した。

以前買ったMighty Mouseは分解掃除してしばらく使っていたのだが、その後、玄に壊されてしまった。で、それ以降はMacBookProがメイン機となったので、特にマウスは必要というわけではない。しかし、6800円でこれまでにないインターフェースを体験できるわけなので、発表当日に注文したのはいうまでもない。

さて、Magic Mouseを仕事で1日使ってみての感想だが、タッチ式ながら右クリック、左クリック、スクロールなどの反応は上々。単3電池が2本入るので、今どきのマウスとしては若干重い感じはあるが、Apple製だけにデザインは文句なし。そして、これはすぐには実感しにくいことだが、可動部が少なくメンテナンスフリーなのは、仕事ツールとしては非常に重要なポイントだと思う。

半面、2本指でのスワイプはさすがに簡単には慣れない。親指と薬指でMagic Mouseを挟むように固定して、上面で指を左右にスライドさせるのは、かなり使い込まないと難しいだろう。また、これはセッティングの問題もあろうが、指がMagic Mouse上面に触れていることを検知して、思わぬ動作をすることもあった。

Mighty Mouseのようなサイドボタンがなくなり、これを残念がる人も少なくないようだが、個人的にはサイドボタンはあまり好きではなかったし、ボタンの廃止によってデザインの完成度が高まったのだから、これは致し方ないところだろう。できれば、タッチ操作による何か画期的なアクションがあれば、感動はさらに高まったはずだが、Appleのことだから、いずれ新たな操作方法が追加されるのではないかと思う。

パソコンをオークションで落札してみた。

仕事でちょっとWindowsマシンが必要ということもあって、2004年12月頃に発売されたThinkpad X40(2371AEJ)を、オークションで落札してみた。


スペックはこのサイトにあるとおりで、Pentium M/1.1GHz、256MBメモリー、ただしHDDはなしという内容。8500円+送料1000円で落札した。HDDは手持ちの1.8インチ・20GBを使い、メモリーは1GBの中古(4400円程度)を購入して増設。さらに、スリムACアダプターも1800円にてオークションで落札した。結局、なんだかんだで1万6000円ほどかかったが、とりあえず、これでWindows XP Proが普通に動いている。世間ではネットブックが人気で、処理能力的にも、たぶんAtom N270/1.6GHzを載せたネットブックのほうが高いと思われるが、ネットをする程度なら、画面サイズが12.1型、画面解像度が1024ドット×786ドットあるThinkpad X40のほうが使い勝手はいい。それに、いくら安いとはいえ、ネットブックは10型以上だと3万9800円が相場。X40が2台買えてしまうのだ。

それにしても、4年半前の機種でもかろうじて使えるほど、パソコンを取り巻く環境とパソコンそのものの進化は頭打ちになってしまったのだなぁとつくづく感じる。実際、ネットでの使用がほとんどという人から見れば、4〜5年掛けてパソコンの値段が6分の1程度になっただけに過ぎない(X40は発売当初24〜25万円)。そして、ここまで安くなると、パソコンも最早コモディティ化したといって問題ないといえるだろう。

ところで、話は脱線してしまうが、僕の経験からすると、オークションにおけるパソコンの価値は大体1年半単位で元の半分に下がっていく感じだ。例えば、24万円で買ったパソコンなら、1年半後に12万円、3年後に6万円、4年半後に3万円で売れるか売れないかという感じ。一方、実際に店頭で買えるパソコンの価格は同じ程度のスペックのパソコンなら1年半で2/3程度に値下がりしていくようだ。つまり、24万円で買ったパソコンは、1年半後なら16万円、3年後なら10万5000円、4年半後なら7万円程度、6年後なら4万5000円で買えるという計算だ(かなりアバウトだが)。

で、仮にこれを前提に買い替えサイクルによる合計支出の違いを計算してみると、1年半ごとに手持ちのパソコンをオークションで売り、新機種を買う人の6年間の合計支出(つまり、6年目に新機種を買うとして、計5回新機種を買う場合)は(24万円−12万円+16万円−8万円+10万5000円−5万2500円+7万円−3万5000円+4万5000円)で計33万2500円。3年ごとの合計支出(つまり、3回買うの場合)は(24万円−6万円+10万5000円−5万2500円+4万5000円)で計28万円、4年半ごとの合計支出は(24万円−3万円+7万円)で計28万円となる。ただし、4年半ごとに買い替える人は、4年半めで新機種を買うことになるため、6年目で比較すると、ほかの人より1年半古い機種を使っていることなる。

というわけで、以上を総合すると、どうやら3年ごとにパソコンを買い替えるのがお得なようである。

» read more

バッファローのサブディスプレイ、FTD-W71USB使用レポート。

バッファローのサブディスプレイ、FTD-W71USBが届いた。ネットで調べたらAmazonが最も安くかったので、昨日の昼休み、会社のパソコンで速攻、注文。本日到着したというわけだ。

このFTD-W71USBは、バッファローのサイトではもちろん、Mac対応を謳っていない。また、ネットを検索しても、MacでFTD-W71USBが動いたという報告がない(見つけられないだけかも)。そんなわけで、人柱的に購入したわけだが、要するにFTD-W71USBのドライバーさえあれば、まったく問題ない。僕の場合、VMware Fusion上のWindowsに接続したら、Displaylink社のドライバーが使われていることがわかったので、同社のダウンロードページに早速アクセス。


すると、Mac用のドライバーも提供されていることがわかった。そこで最新のDisplayLink USB Graphics Macintosh Driver 1.1.2 Betaをダウンロード。


あとは、このドライバーをインストールして、Macを再起動。そして、FTD-W71USBを接続するだけ。これで、見事、FTD-W71USBがMacで認識された。


ちなみに、FTD-W71USBは画面の回転も可能で、縦にしたときは「システム環境」の「ディスプレイ」で縦表示に変更できる。もちろん、ほかのマルチディスプレイ同様、場所の移動も簡単だ。


解像度は800ドット×480ドットで、写真を表示したり、YouTubeなど流しておくのにちょうどいい。液晶の色味はちょっと浅めで、動画を表示させるとノイズを感じるが、輝度をめいっぱい上げると少し気にならなくなる。ちなみに、僕はソニーのロケーションフリーからのテレビ映像を表示。7型のテレビとして使っている。Amazonでは1万1790円で買えるので、まぁお遊びとしては悪くない一品だろう。

Macにサブディスプレイ。

ず〜っと悩んでいたのだが、ついに我慢しきれず、最近流行のUSB接続のサブディスプレイに手を出してしまった。

現行モデルで7インチ以上のサブディスプレイは、センチュリーのLCD-8000U、バッファローのFTD-W71USB、ハンファのUM-701の3台で、今後はサムスンのSyncMaster U70とアイ・オー・データのLCD-USB7Xが登場予定だ。

ちなみに、サブディスプレイのサイズと解像度は、LCD-8000Uが8型で800ドット×600ドット、それ以外は7型ワイドで800ドット480ドット。そして、Mac OS Xに正式対応しているのは、LCD-8000UとLCD-USB7X。つまり、Macユーザーが今すぐ安心して買えるのは、LCD-8000Uのみというわけだ。しかし、店頭で見る限り、LCD-8000Uの液晶品質はちょっと我慢できないもの。また、ハンファ製品はどこで手に入るかわからない。

そんなわけで、個人的にはバッファローのFTD-W71USBが気になっていたのだが、問題はMac対応でない点。ところが、今日、偶然、FTD-W71USBを試す機会があり、実際にiMacにつないだところ、見事動作した。サブディスプレイは、ストレートに何に便利とはいえないが、とにかく活用法に関してアイデアが湧く逸品。もちろん、早速アマゾンで注文したのはいうまでもない。

Mac+FTD-W71USBの踏み込んだレポートはまた明日!

バッファロー 7型ワイド USB2.0用 液晶ディスプレイ FTD-W71USB
バッファロー 7型ワイド USB2.0用 液晶ディスプレイ FTD-W71USB
バッファロー

MacBook Pro 雑感。

MacBook Proが我が家に来て、10日ほどが経つ。
通常、新しいアイテムが手元に来ると、ワクワクしてドキドキして、何だか、いてもたってもいられなくなるわけだが、今回のMacBook Proに関しては、まったくそんなことがなかった。

感動がないということではない。それよりも、AのパソコンからBのパソコンに移行する(僕の場合ならiMacからMacBook Proへ乗り替える)ときのストレスがほとんどなく、どうやら、それがワクワク感やドキドキ感を多少なりとも喪失させたのかもしれないと感じている。

もちろん、それはMacBook批判ではなく、それくれい機種間の移行があっけなかったということだ(Macの場合ですが)。ウチの死に体のiMacは、それでもTimeCapsuleを使って常にバックアップをとってある。で、買ってきた新しいMacBook Proの電源をオン。すると、起動の途中で、データの移行をするかどうか聞かれるので、TimeMachineから移行を選択。なんと、これだけで新しいMacBook ProはこれまでのiMacとまったく同じ環境になるというわけ。今回は、ギガビットケーブルでの接続でデータの移行を行ったが、100Mバイト強の移行にかかったのは5〜6時間程度。本当にあっけなく、環境の移行が完了してしまった。もちろん、アプリも各種設定もだ。

今回は、こんな状況に図らずも立ち会い、あ〜、パソコンはもう趣味の道具ではなく、実用品なんだなと感じた。コンシューマーにおいて、今後重要視されるのは、性能ではなく、使い勝手でありデザインである。そして、少なくとも今のMacはそのレベルには到達している。そんな感じのする今回の買い替えなのであった。ちなみに、マルチトラックパッドは恐ろしく使い勝手がいい。そして。アルミ削り出しのユニボディ。こちらも素晴らしい。Macに興味のない人も、ぜひMacBookを試してみてほしい。

MacBook Proを買った。

先日、ふらりと池袋のビックカメラパソコン館に寄ったら、MacBook Proの松モデルに25万9800円という値札が付いていた。アップルストアでは通常28万8000円。最初は見間違い、もしくはADSLなどとのセットで安いのかな? とも思ったが、どうみても25万9800円。店員さんに聞くと、今日だけ、この店舗だけだとか……。

本当はボーナスが出たら、アップルストアで梅モデルをUSキーボードバージョンで購入しようと考えていたのだが、2万8200円も安いうえに、ポイントが5%(つまり、1万2990円)もつくとなれば、もはや僕の負け。さっちゃんに電話をして、いかに得かを説明し、即決してしまった(あ、これって即決っていわない?)。しかも、差額の2万8200円+1万2990円=4万1190円ぶんでAppleCareもゲット。これはもう運がいいんでしょうねぇ。

ちなみに、我が家のiMac 17インチはもう液晶に20本以上の縦筋が入り、DVDドライブは故障、HDDの残り容量は10GBを切っているというかなりやばやば状態。なので、まぁ、今買ったのは、ちょうどよかったかもしれない。というわけで、1週間後にはMacBook Proが納入される見通し。はぁ〜、ユニボディ、楽しみだなぁ。

TimeMachineに乗って。

我が家のiMacは、あと2ヵ月で2年になるが、すでにボロボロだ。

液晶ディスプレイには10本近い縦線が赤、青、黄色と盛大に入り、内蔵のDVDドライブは玄ちゃんの手によって破壊されたまま(DVDソフトを2枚重ねていれやがった!)。まぁ、ネットをするのがメインだから、これでも困らないのだが、木曜の夜、ついにHDDの残り容量が20GBを切ってしまった。夏休みに撮ったムービーを取り込んでいたら、これ以上は無理! なんていうアラートが出てしまったのだ。

で、慌てて、いろんなファイルを捨てて、さらに、ちまたでは有名な「不要な言語リソースの削除」という技に走ってしまった。「Monolingual」というソフトを使えば簡単に1GB近く増やせるので、すでに僕のMacBook Airでは処置済み。そのため、ついつい気軽に操作を行ってしまったのだが、実はそれが運の尽き。
僕の操作ミスかソフトのエラーかわからないが、言語リソースを削除して再起動したら、な、な、なんとデンマーク語でしか表示されなくなってしまったのだ。呆然。もちろん、何をやっても日本語には戻らない。

で、散々いじった挙げ句、「仕方ない、TimeCapsuleで復元するか……」と思ったところで、汗が出た。そう、復元するには、DVDドライブからMacOS Xのディスクで起動しなければならないのだ。もちろん、うちのiMacではダメである。で、深夜散々悩んだ結果、購入したのが、これ。
ロジテック バスパワー対応ポータブルタイプUSB 2.0外付型DVD-RAM±R/RW LDR-PMD8U2
ロジテック バスパワー対応ポータブルタイプUSB 2.0外付型DVD-RAM±R/RW LDR-PMD8U2
本当はMacBook Air専用のDVDドライブが欲しかったのだが、それはiMacでは動かない。で、妥協点としたのが、これ。たぶん、コイツを使えば、MacOS Xディスクからの起動ができるはず。

水曜の深夜に事故が起こり、速攻でAmazonに注文。木曜の夜に物が到着。というわけで、木曜の夜10時くらいからTimeMachineを使ったシステムの復元に入った。いや、正確には操作をミスって、情報転送という手順を行ってしまった。まず、LDR-PMD8U2にMacOS Xディスクを入れ、optionキーを押しながら再起動。で、そのまま指示に従ってしまったのだ。実はここでユーティリティというメニューを使えば、システムの復元ができるのだが、僕はそのままiMacのHDDを初期化し、システムのインストールに突入。で、その流れの最終段階で「TimeMachineから情報を転送」という選択を行ってしまったのだ。

まぁ、結果は同じと割り切って、あとは情報が転送されるのを見守ることにした。しかし、それが長かった。情報の転送にかかった(正確にはかかるはずだった)時間は48時間(!)。つまり、丸々2日間である。要するに、木曜日の夜22時に始まり、終わるのは土曜日の夜22時。のはずだった。ところが、あろうことか、土曜日の午後からの土砂降り(ゲリラ雷雨?)で、我が家近辺が停電に! なんと、それまでの40時間超に及ぶ作業がすべてパーになってしまったのだ。

いや、さすがにこれには落胆した。もう、新しいiMacを買おうとすら思った。しかし、何とか気を取り直し、まずはネットワーク環境の見直しから行った。というのも、TimeCapsuleはNASであり、基本的にMacとはLANでしかつながらない。きっと直付けのHDDを使ったTimeMachineなら、情報の転送ももっと速いのだろうが、僕の場合、めんどくさくて、ついつい100Mbpsの有線LANで行っただけである(無線LANよりはいいが)。そこで、2度目は、1Gbps、いわゆるギガビットで配線し直し、ユーティリティでシステムの復元を間違いなく選択するようにした。

再度の停電が怖かったが、土曜の16時半にシステムの復元を決行。その結果、なんと138GBのデータをTimeCapsuleから書き戻すのに、4時間で済んだ。ギガビットイーサのおかげか、システムの復元のせいかわからないが、とにかく速い。48時間ってなんだったんだ……。
というわけで、丸2日ぶりにiMacが復活。いやぁ〜それにしても、TimeCapsuleって偉大だ。48時間と停電の件はともかく、もし、今後何かが起こっても、4時間で環境の修復が行えることがわかった。しかも、ユーザーはその間何もしなくていい。LDR-PMD8U2は、最初の起動に使っただけでもったいない気もするが、まぁ授業料としては、安かったということにしておこう。

MacBookAir レビュー(最終回)

このところ、毎日のように持ち歩いているMacBookAir(MBA)。以前のレッツノートに比べると、カバンを持ったときにずっしり感を覚えるが、それが使うときの快適さのためだと思えば、気にならない。

快適さとは、カバンから取り出して、ディスプレイを開くと、ほぼ瞬時が画面がついて使用可能状態になる点。そして、文字を打ったりサイトを見たりするのに十分な広さの13.3インチ画面。もちろん、デスクトップと同じ幅のキーボードも実用的だ。今のところ、1個しかないUSB端子で困ったことはまったくないし、DVDドライブを使うシーンも見あたらない(そもそも外付けドライブを持っていないし)。
左手前の足がときどき浮き気味だとか、バッテリーのもちがイマイチだとか、思いの外、満充電に時間がかかるといった当たりは残念だが、極力、電源を確保できる場所で使い、日々の充電も怠らないというようにすれば何とかなる。すでに価格コムでは18万円で購入可能となっており、当初のちょっと高いんじゃないかという指摘も過去の話。将来は、もう少し軽量化するかバッテリー時間が伸びるかも期待できるし、値段のもっと安いモデルが登場することだってあり得る話だ。

まぁ、いずれにしても、僕にとって、MBAはもはや日常。特別なパソコンを持ち歩いているという感じはない。実は、道具にとって、これはとっても重要なことなのだ。ちょっと後れて購入したTime Capsuleにバックアップも取っているから、トラブルからの回復も短時間で済む(はず)。あとはいつでもどこでも使えるネット環境が整えば、もはや、会社に行く必要はないかもしれないというくらいの状況だ。実際、MBAにインストールしているアプリケーションは会社のPCとほとんど同じ(VMware Fusionこそ入れていないものの)。もちろん、より大画面のほうが作業効率が高まるのは事実だが、そこそこの作業はできる(10.4型のレッツノートRよりははるかに)。また、iDiskの同期機能を使えば、作業中のデータを持ち出し忘れたということもなくなるし、もし、そんなことがあっても「どこでもMyMac」を使って、ネット経由でデータを引っ張ることも可能。

モノとしてみれば、いじりがいがなさすぎるという面はなくはない。後から何かを追加購入するという楽しみもない。当初は、家用と会社用ということで、ACアダプターを1個追加購入する気でいたが、結局、ACアダプターも持ち歩いているので、あえて買う必要はなくなった。ケーブルを巻き付けてコンパクトにカバンに入るACアダプターも実はMBAの美点。国内のノートパソコンは、ほとんどが電源ケーブルとACアダプターの2分割タイプで、これはこれでカッコ悪いし、持ち運びも面倒だ。そんなこんなで、MBAは本当に単なるデータの入出力マシンと化している。見た目はスタイリッシュだが、その使い道は恐ろしく地味。MBAを使って2ヵ月が経つが、常に持ち歩いて、ために地味な作業をするというそのあり方は、本当に道具として賞賛できるのではないだろうか?
12345>|next>>
pagetop