October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栗。今年の初物を食べて思う。

カエル先生の日記を読んで、「はぁ〜栗が食いてぇなぁ〜」と思っていたら、本日、宅配野菜の「らでぃっしゅぼーや」から、栗が届いた。思わぬ初物に感激! というわけで、早速、さっちゃんに栗をゆでてもらい、しこたま食べた。
実は、僕は栗に目がない。それも、天津甘栗のように人工的に甘みをつけた栗ではなく、ゆで栗が一番、好き(ちなみに、ケーキはモンブラン)。栗のよさというと、カボチャやサツマイモとは違う、まったりとしながら、さらっとしている甘みと食感……。うまく表現できないが、とにかく、うまいのである。食い始めたら、止まらないのである。
で、自分でもなんでこんなに栗が好きなんだろ〜と、いろいろ考えてみたのだが、その答えは、なんと青森県の三内丸山遺跡にあった。最近の研究によると、この地で約1500年間も暮らしていた縄文人は、ここで栗の木を自ら栽培し、それを主食にしていたらしいのだが、きっと僕のDNAには、その縄文人の記憶が刻まれているのだと思う。
今夜の栗もおいしかったが、5000年も前の栗はもっとうまかったんだろうか? 栗を食べながら、そんなことを思ってみた。

16-09-14_22-52-00.jpg
↑けっこうでかい栗がたくさん届いた。

comments

水飴自体が殻に染み込んで味が加わる
という事はありません。とあるように、水飴
は、殻が割れないようにするためだけのもののようです(^^;)

  • JUN
  • 2004/09/18 7:59 PM

HP見ました。ほぇ〜、そうだったのか!天津甘栗。
でも、やっぱ、水飴絡めてんのね。たぶん、うまい天津甘栗とそうでない天津甘栗はその水飴の量とか、栗そのものとかで、違いが出てくるんだと思う。

天津甘栗って、人工的に甘みをつけたものではありません。栗の品種と加熱法に
秘密があるようです。ちなみに、天津派
σ(^_^)スミマセン http://www.yakiguri.co.jp/faq/" rel="nofollow">http://www.yakiguri.co.jp/faq/

  • JUN
  • 2004/09/17 3:23 PM

小布施栗.comというサイト(http://www.obuse-kuri.com/)がありました。" rel="nofollow">http://www.obuse-kuri.com/)がありました。
今度、注文してみようかなぁ〜

あっしの実家の隣町、小布施の栗も是非ご賞味あれ!

  • けんぞお
  • 2004/09/16 12:57 PM
   

trackback

pagetop