November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

玄ちゃんスタジオ撮影

ふだんから懇意にしてもらっているカメラマンF氏のご厚意で、昨日は玄ちゃんの撮影大会(?)と相成った。
午後2時に市ヶ谷の撮影スタジオに家族で出かけ(サイゾーは留守番)、延々5時過ぎまで玄ちゃん&家族の肖像を100枚以上も撮ってもらう。仕事柄、スタジオでの撮影はどうってことないが、自分や家族が被写体となると話は別。特に、家族3人で写るとなると、全員の自然な表情をタイミングよく撮ってもらわなければならないわけだが、そもそも知り合いのカメラマンの前で家族の素の姿を見せるというのは、なかなか恥ずかしいものがある。それに、一人は赤ん坊と来ているから、みんながカメラ目線で笑顔全開というのは無理に等しい。
それでも、F氏は、持ち前のテンションの高さで、玄ちゃんとあやし、笑わせ、振り向かせ、何とか彼の笑顔をものにしてくれた。もちろん、玄ちゃんも3時間近い撮影ながら、終始ご機嫌で、大きく機嫌を損ねることなく、撮影は終了。それにしても、F氏には感謝。スタジオにも感謝。そして、何よりもすごいな〜と思ったのは、やはりプロはプロということであった。今回は、キヤノン・EOS 5D+EF50mmで撮ってもらったのだが、本格的なライティングとプロ用機材(もちろん、撮る人の腕も)では、写真の出来が違う。撮っていく端から、Macのディスプレイで確認できるのも、実によろしい。
ちなみに、下の状況写真は僕がコンパクトデジカメで撮影。玄ちゃんの写真はF氏が撮影。やっぱ、俺もデジタル一眼レフが欲しくなったな〜(←機材だけじゃダメなんだって!)


Studio MASH
↑これが撮影現場。カメラマンF氏も必死である。
裸ん坊 ゲン
↑丸裸の撮影も行った。やはりプロはすごい。

comments

ぬふふふふ〜。
でも、この写真はもう唯一といっていいくらい、よく撮れている1枚(あ、F氏ゴメン)。子供の表情って、それくらいコロコロ変わるので、僕自身、写真を見てはニンマリ。実物を見ては「はぁ〜」ってな感じです。特に、最近はプクプクしちゃって、家では力士といわれてます。

  • toshi
  • 2006/11/02 2:31 PM

表情が大人びてますなぁ〜。玄ちゃんと比べたら、半年先に生まれたハズのウチの子なんて、まだまだ子供です。(爆)

げげげげげげげんちゃん、かわいい!

  • フジヲ
  • 2006/10/31 11:11 PM
   

trackback

pagetop