October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

夏ケータイは、ワンセグでいくか?デジカメでいくか?

「DoCoMo2.0」というイマイチ意味不明なキャッチフレーズ(これから本気出しますよということらしいが、それは社内で言ってればいいだけのことで、ユーザーにはまったく関係のない話)とともに904iシリーズを発表したドコモに引き続き、一昨日はau、ソフトバンクからも相次いで夏ケータイが発表された。朝日新聞では「携帯、多機能化に一服感」なんて取り上げ方をされているが、それは単に、記者自身の気分がそうなだけだろう。

実際、各社のケータイをよ〜く見てみると、「多機能化に一服感」どころか、まだまだ機能を詰め込んでいこうという気持ちがありありだ。僕はauユーザーなので、au端末に目が行きがちだが、auだけを見てもとにかくすごい。まず、ぐぃっと心を鷲掴みにされたのが、カシオのEXILIMケータイ W53CA。な、なんと500万画素CMOSを搭載。その性能はまだ定かではないが、これならケータイとデジカメの持ち歩きは必要なさそうだなぁ。いいなぁ。
そして、今季の新たなトレンドともいえるのが、ボディの防水化とワンセグの予約録画への対応だ。防水を売りにしたケータイは過去にもあったが、今度のauのW53SAとW52CAは防水があたりまえといったスタンスで、お風呂でもワンセグが見られるというのがすばらしい。しかも、この防水化をより意味のあるものにしているのが、ワンセグの予約録画機能だ。これまでのワンセグ端末は、一部の機種を除き、そのほとんどがリアルタイム視聴&録画のみで、予約録画ができなかった。しかし、今季は予約録画があたりまえ。現状、自宅のお風呂でワンセグが映るという人は非常に少ないと思うが、この予約録画機能があれば、自宅の受信状態のいい場所で好きな番組を録画しておき、それをお風呂で見るということができる。ちょっと前に、「お風呂でテレビ」という記事を書いたが、もうあんな手間のかかることは必要ないわけだ。

本当の高機能化とは、単に何でもできるということではなく、その機能の具体的な利用シーンがしっかりと想像(創造)できることだろう。電波の入りの悪いところ、水しぶきのかかるところ。いつでもどこでもワンセグが楽しめるというのは、まさにユーザーの求めるところ。夏ケータイは、「高機能に一服感」なのではなく、「地に足のついた高機能化へ」という見出しがぴったりだろう。

comments

   

trackback

pagetop