November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

サイゾーが吐血。

玄が生まれてから、サイゾーは1階のリビングで一人で寝ている。で、日曜の朝、僕が起きてリビングに行くと、しばらくして、何かを吐きそうに(たまに、紙とか布を食って吐く)!

慌てて、口元に新聞紙を持っていくと、そこに胃液と唾液が混ざったような泡っぽいものを吐く。泡が消えていくと、どうも吐いた液体が赤い。素人の僕が見ても、明らかに血に見える。念のため、さっちゃんを叩き起して確認してもらうと、やはり血だという。そういえば、朝したサイゾーのウンチは黒かったし、それも出血のせいかも……。

うむむ、やばい。吐血した量は5ccくらいあって、人間なら10倍の50ccという計算。即、胃潰瘍とかガンを想像するところだ。しかし、サイゾーの掛かり付け医は、日曜日なのでお休み。おまけに、外は土砂降りと来ている。幸い、サイゾーは苦しそうではないので、さっちゃんと相談して、月曜日の朝、病院に連れて行くことにした。

で、月曜日。サイゾーとさっちゃんと玄ちゃんと僕という家族総動員で出動。とりあえず、お医者さんにデジカメで撮ったサイゾーの吐瀉物を見せる。すると、お医者さんは、いろいろと僕らの話を聞き、サイゾーが元気そうなのを確認した上で、まずは様子を見ましょうという判断。そして、もし数日して、また血を吐いたら、ウンチも一緒に持って来て欲しいとのこと。病気の疑いが100%晴れたわけではないが、まずは一安心。サイゾーはしばらく安静にすることになった。

先生によると、犬が血を吐くのはそんなに珍しいことではないという。食べなれないものを口にしたり、硬いものを食べたりした場合などがそうで、犬によってはもっと大量に血を吐くらしい。また、内臓疾患的なものなら、まず元気がなくなり、食欲も落ちるから、それでわかるし、ちょっとしたことで精密検査をするのもおすすめしないという(検査のダメージのほうが心配)。すぐ検査したがる医者もいるけれど、そういう医者は要注意とのことだった。

そういえば、土曜日の晩、サイゾーに甘栗を皮ごとやったのを思い出した。もしかして、あ、あれが悪かったのか? だとすると、サイゾーには本当に悪いことをした。すまん、サイゾーよ。

そして、日曜から二日過ぎた今日。今のところ、サイゾーは血も吐かず、どちらかというと、うるさいくらい元気である。

comments

   

trackback

pagetop