July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

MacBookAir レビュー(最終回)

このところ、毎日のように持ち歩いているMacBookAir(MBA)。以前のレッツノートに比べると、カバンを持ったときにずっしり感を覚えるが、それが使うときの快適さのためだと思えば、気にならない。

快適さとは、カバンから取り出して、ディスプレイを開くと、ほぼ瞬時が画面がついて使用可能状態になる点。そして、文字を打ったりサイトを見たりするのに十分な広さの13.3インチ画面。もちろん、デスクトップと同じ幅のキーボードも実用的だ。今のところ、1個しかないUSB端子で困ったことはまったくないし、DVDドライブを使うシーンも見あたらない(そもそも外付けドライブを持っていないし)。
左手前の足がときどき浮き気味だとか、バッテリーのもちがイマイチだとか、思いの外、満充電に時間がかかるといった当たりは残念だが、極力、電源を確保できる場所で使い、日々の充電も怠らないというようにすれば何とかなる。すでに価格コムでは18万円で購入可能となっており、当初のちょっと高いんじゃないかという指摘も過去の話。将来は、もう少し軽量化するかバッテリー時間が伸びるかも期待できるし、値段のもっと安いモデルが登場することだってあり得る話だ。

まぁ、いずれにしても、僕にとって、MBAはもはや日常。特別なパソコンを持ち歩いているという感じはない。実は、道具にとって、これはとっても重要なことなのだ。ちょっと後れて購入したTime Capsuleにバックアップも取っているから、トラブルからの回復も短時間で済む(はず)。あとはいつでもどこでも使えるネット環境が整えば、もはや、会社に行く必要はないかもしれないというくらいの状況だ。実際、MBAにインストールしているアプリケーションは会社のPCとほとんど同じ(VMware Fusionこそ入れていないものの)。もちろん、より大画面のほうが作業効率が高まるのは事実だが、そこそこの作業はできる(10.4型のレッツノートRよりははるかに)。また、iDiskの同期機能を使えば、作業中のデータを持ち出し忘れたということもなくなるし、もし、そんなことがあっても「どこでもMyMac」を使って、ネット経由でデータを引っ張ることも可能。

モノとしてみれば、いじりがいがなさすぎるという面はなくはない。後から何かを追加購入するという楽しみもない。当初は、家用と会社用ということで、ACアダプターを1個追加購入する気でいたが、結局、ACアダプターも持ち歩いているので、あえて買う必要はなくなった。ケーブルを巻き付けてコンパクトにカバンに入るACアダプターも実はMBAの美点。国内のノートパソコンは、ほとんどが電源ケーブルとACアダプターの2分割タイプで、これはこれでカッコ悪いし、持ち運びも面倒だ。そんなこんなで、MBAは本当に単なるデータの入出力マシンと化している。見た目はスタイリッシュだが、その使い道は恐ろしく地味。MBAを使って2ヵ月が経つが、常に持ち歩いて、ために地味な作業をするというそのあり方は、本当に道具として賞賛できるのではないだろうか?

comments

はじめまして
トシ様
突然のメールで失礼いたします。

私は「みんなのポスト(みんぽす)」という
家電ソーシャルブックマークサービスを運営しておりますWillvii株式会社の栗田と申します。

弊社では「みんぽす」のサービスの一環として、優秀なブロガー様に対して
大手家電メーカーの人気商品の貸し出しを無償で行っております。
既に数名のブロガー様にご協力を頂いており、
非常に魅力的なレビュー記事を既に掲載して頂いております。

弊社ではさらなるネットワークの拡大のために優秀なブロガーを探しており、
トシ様のブログを拝見させて頂きました。
レビューが大変わかりやすく非常に優秀なブロガー様だと確信し
ぜひ私どもにご協力頂きたくご連絡を差し上げております。
弊社では他社のレビューポータルサイトとは違い、
商品に関する率直なご感想を制約なく記載頂くことが可能です。
また、ご興味をお持ちの商品のみを貸し出すので
興味ある商品のレビューを書く事が可能です。

突然のご連絡で誠に申し訳ございませんが、
もし少しでもご興味をお持ち頂けましたら
詳しいお話をお聞きいただけませんでしょうか?

お忙しいところ大変お手数とは思いますが、
何卒ご検討をお待ちしております。

トシ様からのご連絡を
心からお待ちしております。
もし、ご興味をお持ち頂けましたら
私宛にメールを頂けますと幸いです。
詳しい資料等送らせて頂きます。

WillVii株式会社
モノフェローズ担当
栗田弘和

   

trackback

pagetop