June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

iPhone OS 3.0でのメール運用方法。

iPhone OS 3.0になって、softbank.ne.jpアドレスが使えるMMSが加わった。しかも、これまで着信表示のみで着信音の鳴らなかったi.softbank.jpメールが着信音に対応。つまり、単にメールの受信を知るだけなら、softbank.ne.jpもi.softbank.jpもほとんど変わらないという状況になってしまったのだ。

前者のほうが着信時に本文が確認できるというメリットがあるが、i.softbank.jpはIMAP対応でパソコンからメールを送ったりiPhoneでの送信メールをパソコンで確認したりできる利点がある(しかも本日からSSLにも対応した)。そんなわけで、多くの人がsoftbank.ne.jpとi.softbank.jpのどっちをメインで使うべきかで悩んでいるようだ。

もちろん、僕もその一人だか、悩んだ末、これまてどおりi.softbank.jpをメインで使うことにした。その理由は、わかりやすいアドレスを取得しているというのが大きいが、新たにsoftbank.ne.jpのアドレスを周りに伝えるのがめんどう、着信時の本文表示が逆に煩わしい、softbank.ne.jpのメール受信が意外に遅い(しかも、受信できなかったときは次のメールとまとめて着信される)といったことが挙げられる。で、実際、今のところ、i.softbank.jpでの運用で十分満足している。

では、MMSはどうするかだが、当面、MMSはソフトバンクを使っている家族限定ということにした(といっても、さっちゃんだけか……)。家族・親族でもドコモやauの場合は、受信側もパケットが発生するのでMMSを積極的に使う意味はないし、ソフトバンクユーザーの友人については、そもそも写真のやり取りすることがまずないし、まぁ写真のやり取りがあるときは必要に応じて教えればいい。

とまぁ、以上がiPhone OS 3.0でのメールの運用方法だ。引き続き、より便利な運用方法を模索するつもりだが、とりあえずはこれで行ってみようと思う。

comments

   

trackback

pagetop