May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

東芝・レグザ42Z8000ゲット。

42Z8000
パナソニックのプラズマテレビ、TH-42PX20を丸6年使ってきた。当時、かなりの大枚をはたいて購入したものだが、今となっては、解像度1024画素×768画素のなんちゃってハイビジョン。そのうえ、HDMI端子は装備していないし、何より消費電力は398Wと恐ろしく電気食いだ、(今の同サイズの液晶の2倍)。

そんなわけで、悩みに悩んで東芝・レグザ42Z8000(春モデル)をゲットした。 まぁ、それでもエコポイント(42V型なら23000ポイント)がなかったら、まだ買い替えなんて考えていなかっただろうが、さらに、背中を押されてしまったのは、秋冬モデル、42Z9000の発売直前ということで、42Z8000が15万円を切るところまで値下がりしていた点。エコポイントを入れると、なんと13万円を切る!

ちなみに、42Z9000は、地デジ3チューナー搭載、USB HDDの4台同時接続、アニメ画質が向上した超解像、映像の遅延を抑えたゲームダイレクトモードなどが特徴だが、いわば42Z8000のマイナーチェンジモデル。アニメ画質にそんなにこだわっておらず、ゲームもしない自分にとっては、Z9000もZ8000も変わりない。

というわけで、42Z8000に落ち着いたわけだが、現在、その42Z8000と格闘中。詳細は、また後日。
pagetop