September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」読了。

評価:
山本 敏行
毎日コミュニケーションズ
¥ 819
(2010-02-23)

Amazonの新書では、現在13位という話題の新刊、「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」をサクッと読了。かなり読み飛ばしたので、だいたい1時間半という感じ。

著書の山本俊行氏は、WEBコンサルティングなどを生業とするEC studioという会社の経営者。いち早く全社的にiPhoneとTwitterを導入し、業務の効率化や社内コミュニケーションの向上を図ったということで知られる。

ただ、本書を読み進めていくと、iPhoneやTwitterは表面的なもので、その根幹を支えているものは、Google Appsであることがわかる。要するに、EC studioでは、まず事業をスムーズに運営するためのシステムとしてGoogle Appsが導入されており、それをよりダイナミックに使うためのモバイルツールがiPhone。そして、社員がデスクに縛られずに行動するようになるそのすき間を埋めるためのコミュニケーションツールがTwitterというわけだ。

厳しく突っ込むと、「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」は言い過ぎで、せいぜい、iPhoneとTwitterをうまく使うと、生産性がアップし、社内の風通しがよくなる(かもしれない)ということだ。しかも、その前提にはGoogle Appsがあり、まずはその導入から始めなければならない。山本氏は企業のトップだからこそ、簡単に導入できたが、その立場にない人はなかなか実現は難しい。

それと、EC studioという会社が実際にどういう仕事をしているかという具体例もほとんど書かれていないので、iPhoneとTwitterで、実際にどうそれが会社に利益をもたらしたかがわからない。個人的には、ここが最も残念だ。これでは、Google AppsとiPhone、Twitterを使っていない人には何となくのイメージしかつかめないし、逆にGoogle AppsとiPhone、Twitterを使っている人(僕のような)は、大体想像のつくことが多い。つまり、雰囲気はわかるんだけど、何も知らない経営者にはそのメリットを伝えにくいということだ。

とはいえ、最強ワードの「儲かる」に、今流行の「iPhone」「Twitter」というキーワードを織り交ぜ、最速で書籍化したのだから、その行動力にはさすが。日々、社長ブログを書かれているだけある。

comments

   

trackback

pagetop