May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

iPhone 3GSの液晶パネルを自分で交換 その1。


ゴールデンウィークに京都のカミさんの実家に帰省していたときのこと。常に肌身離さず持ち歩いているiPhone 3GSをふと見ると、画面右下、ちょうど電話アイコンのあるあたりが何だか滲んだようになっている。そして、表面を光によーく当ててみると、1本の筋のようなものも見える。「あ、ガラスパネルが割れちゃったかも……」

これまで落としたりしたことのないiPhone 3GSなのに、どうしてこんなことが! と思ったがそれは後の祭り。とりあえず、どうすべきかを真剣に考えた。手っ取り早いのは、SBMかApple Storeに持ち込んで修理すること。ただし、これだと2万2800円(!)かかる。次に、見つけたのは、最近増えているというiPhoneの修理屋さんを使うこと。こちらは大体1万3800円前後かかる。ガラスパネルだけの交換の場合、3Gは7800円で済むが、3GSはガラスパネルとデジタイザーが一体となっているので、この値段。そして、最後の選択肢は、パーツだけ取り寄せて自分で修理する作戦だ。実は、最近はiPhone用の保守パーツも純正のものが流通していて、これを使えば、さらに安く済む。ちなみに、3GSのガラスパネル&デジタイザーは6800円だ(iLab PC Factory の場合)。

ネットを調べると、自分で修理する人も多いようだし、情報も豊富なので、もう心は自分で修理する方向に固まった。で、東京に帰って、早速、向かったのが秋葉原。先の iLab PC Factoryに注文してもよかったのだが、時間が惜しかったので、秋葉原をいろいろ探して、セルスター・Rでガラスパネル&デジタイザーをゲット。値段は6980円だった。で、その晩、早速、自宅にてiPhoneの分解作業。さすがに、これは緊張した。
手順としては、
(1)iPhoneボディ下部にあるネジを2本外す(ドライバーはプラスでサイズ00)。
(2)表面のパネルにお風呂場のタオル掛けで使われている吸盤を付けて(なるべくホームボタン寄りに付ける)、ぐいっと上に持ち上げる(この際、パネルが浮く程度でストップ)。
(3)さらに、静かにパネルを70度くらいの角度まで浮かせると、奥に本体とパネルをつなぐコネクタが見える。
(4)コネクタは3本で、番号が付いているから、番号順に外していく。
(5)コネクタの1と2は、上から押しつけてはめるような仕組みなので、マイナスドライバーなどで、持ち上げるようにして外す。
(6)コネクタ3は、薄いシート状のものがスロットに刺さっており、しかもロック(色は白)がかかっている。そこで、このロックを寝ている状態から上に上げてから(これもマイナスドライバーで行う)、シート状のコネクタを抜く。
(7)これで、ガラスパネル&デジタイザーと液晶パネルが本体側と分離する。
という流れ。慣れるとなんてことないが、最初はビクビクだ。

次の手順は、ガラスパネル&デジタイザーと液晶パネルの分離。
(8)本体と分離したパネルには、左右側面に計5ヵ所と裏側上部に1ヵ所、ネジがあるので、まず、それを外す。
(9)液晶パネルはガラスパネル&デジタイザーに付いている金属のレールにはまっているので(先のネジはこの部分を止めいるわけだ)、すき間にうまくマイナスドライバーなどを差し込んで、グイッと浮かせる(ここは特に慎重に)。
(10)うまくいけば、これでガラスパネル&デジタイザーと液晶パネルも分離できる。

が、悲劇はそこから起こった。なんと、ガラスパネル&デジタイザーをよ〜くみると、まったく割れていない。そうなのだ。1本の筋のようなものが付いていたのは、液晶パネル側だった。つまり、せっかく分解したのに、直せないということ。軽くショックを受けた後、開腹した患者の腹を閉じる医者のように、iPhoneを元に戻したのであった。 

長くなったので、続く。
なお、今回はこちらのサイトを参考に修理してみました。
tomu blog iPhone 3GS 液晶パネル交換

comments

   

trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2010/06/06 12:33 AM
pagetop