August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

iPhone 3GSの液晶パネルを自分で交換 その2。

超大事に扱っていたiPhone 3GSのフロントガラスが割れてしまった! と思ったら、実はフロントガラスはなんともなく、問題があったのは液晶パネルだったという話が前回。結局、7000円近く払って買ったフロントガラス&デジタイザーは無駄になってしまった。

というわけで、しばらく間が空いて、今度は液晶パネルの交換にトライすることにした。ネット調べると、現在、最も安くiPhone 3GS用の液晶パネルを買えるのは、iLab PC Factoryで、なんと6800円。が、待つことの嫌いな僕は、今回も秋葉原で買うことにした。前回のセルスタ・Rは9800円。ほかに、秋葉原モバイルも保守パーツの扱いを始めたということで行ってみると、やはり9800円。悩んだ挙げ句、秋葉原モバイルで9800円で液晶パネルを購入。

一度、iPhone 3GSを開腹しているので、2度目は気持ちは楽。ただし、気をつけたいのは、内部のネジが極小でなくしやすいため、外し終えたらガムテープなどにくっつけておくこと。それから、フロントガラス&デジタイザーと液晶パネルの間にホコリが入り込まないよう、エアダスターを用意しておくことだ。手順は前回のとおりで、iPhoneを3枚におろしたら、液晶パネルを新しいものに交換する。

ちょっとてまどったのは、液晶パネルにも金属フレームが粘着テープで接着されており、これは既存のものをはがして使わなければならないという点。古い液晶パネルからはがすのは問題ないが、それを新しい液晶パネルに貼らなければならない。新しい液晶パネルを保護しているシールをはがすと、すでに粘着テープが仕込まれているので、そこに金属フレームを載せる。よくみると、フレームの2ヵ所に穴があり、それを液晶パネル側の突起に合わせるようにセット。これで、準備はOKだ。

あとは、再び元に戻す作業。とにかく、ホコリに気をつけ、慎重に元に戻していく。iPhoneの電源を切らずにやったため、途中、メールが来て、ブルッといったのにびびったが、それ以外は問題なし。コネクタの接続もさすがに2度目なので、それほど時間はかからなかった。というわけで、所要時間はざっと30分。今回は、無駄になったフロントガラス&デジタイザーと追加で買った液晶パネルを合わせ、出費はざっと1万7000円。う〜ん、これなら、SBMで新品に交換してもらっても大差なかったか……。

とはいえ、これでiPhoneが修理できる度胸はついた。iPhoneの修理(といっても、フロントガラスや液晶パネルの交換レベル)はとにかく部品が細かいだけで、何か特殊が技術がいるというわけではない。実際、僕は特にハンダ付けができるとかそういうわけではないので、ちょっと興味のある人は、自己責任でトライしてもいいかもしれない(失敗したら、修理専門のショップに泣きつこう)。

comments

   

trackback

pagetop