August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ワイヤレスオーディオスピーカーが来た! その3。

ZiiSound D5のモニター(正確にはクリエイティブメディア社 「Pure Wireless スピーカー "ZiiSound D5" モニターキャンペーン!」)に当選したという記事の第3回め(これで最後です)。

ZiiSound D5が我が家に届いてから10日ほどたったが、実は、その数日後にやって来たのが、今をときめくiPadである。僕はWiFiモデル(64GB)を購入したのだが、こいつは基本的にはリビング用として購入。音楽を聴きながら、Safariでネットサーフィンしたり、電子書籍を読んだりという使い方を想定していた。ところが、意外に楽しいのが、ネット経由でFMラジオが聴けるアプリ「rajiko.jp」だ。

←iPad WiFiモデルでも使えるradiko.jp

「rajiko.jp」はバージョンアップで、iPad WiFiモデルでも聴けるようになった。しかも、バックグラウンド再生をしながら、ほかのアプリを利用することができる。で、ここで大活躍するのが、ZiiSound D5だ。つまり、rajiko.jpでZiiSound D5はラジオにもなるというわけ。iPadのスピーカーはけっこう音がいいと言われるが、それは、あくまでもサイズの割にはいいというレベル。それに音はモノラルだ。ところが、それをBluetoothでZiiSound D5に飛ばしてしまえば、ステレオで、かつ、段違いにいいサウンドが楽しめる。iPadはキーボードがないため、寝ても座っても立っても使えるオールマイティ機。自分の好きな姿勢でネットサーフィンしつつZiiSound D5で快適に音楽が楽しめるというのは、とても贅沢な楽しみ方だ。

実は、この記事もiPadで書いているのだが、この場合、キーボードもBluetooth接続だ。iPadとZiiSound D5、Apple Bluetooth Keyboardのすべてがワイヤレス。iPhoneの場合、バッテリーの消費が気になるため、常にワイヤレスで音を飛ばすというのはちょっと気が引けるが、iPadは驚くほどバッテリーのもちがいいので、ZiiSound D5との相性はばっちり。電力とサイズの問題で、ZiiSound D5で充電できないという点は残念だが、音楽好きのiPadユーザーは一度、ZiiSound D5を検討してみてもいいだろう。

←薄型テレビの音声出力にも使える

そして、もう一つの使い方は、薄型テレビとの接続だ。ZiiSound D5にはAUX IN(アナログの外部音声入力端子)があり、薄型テレビの音声出力をZiiSound D5につなぐのもおすすめだ。ご存知の人もいると思うが、薄型テレビはその薄さゆえ、スピーカーの容量を稼げず、音を本当に悪い。ニュースではアナウンサーの声が聞き取りづらい、ドラマではセリフとバックの音が分離しないなど、とにかくストレスがたまる。しかし、そんな薄型テレビの音も、ZiiSound D5を通して聴くと、びっくりするほどリアルで聴きやすい音になる。本当は、光デジタル音声入力にも対応しているといいのだが、まぁそれは次のモデルに期待しよう。

comments

   

trackback

pagetop