May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

iPhone 4が来て、1週間。


iPhone 4が手元にも来て、1週間になる。ブログやTwitterを見ると、iPhone 4のデザインや質感、こだわりに対する賞賛の声が目立つ。もちろん、僕もiPhone 4の精緻なまでの作り込みは素直にすごいと思うが、半面、日常使いの商品としては高級感がありすぎて、気軽に持ち歩きにくいとも感じている。
個人的には、iPhone 3GSのラウンドしたプラスチックボディが気に入っていて(ハイグレードカジュアルな感じ)、愛着もあったし、iOS 4にアップグレードしてからは、使いやすさもグーンとアップ。正直、iPhone 3GSのままでよかったかもと、思うことも少なくない。
そして、そうした気分に拍車をかけるのが、iPhone 4用ケースの少なさだ。iPhone 3Gのシリーズはすでに2年が経っていて、そのケースの種類の多さは尋常ではない。まぁ、それでも、気に入ったケースに出会うには、僕の場合、1年以上かかっているのだが(買ったケースは両手くらいか……)、iPhone 4でも同じことを繰り返すかと思うと、ちょっといたたまれない。
とはいえ、気に入ったケースが出るまでiPhone 4を裸で使う勇気はないので、一昨日、iPhone 4用の2個目のケース(もう2個目かい!)として購入したのが、上の写真にあるSoftbank Selection「ELANFOLIO Wallet for iPhone 4ブラック」だ。なんと3980円もするのに、ビックカメラにもヤマダ電機にも触れるような見本はなく、中身も見ずにこれを買うのは、一種の掛けみたいなものだった。
で、結論からいうと、掛けには負けた。iPhone 3GSのときもSuicaカードなどが入れられる革製のケースを愛用していたのだが、それはiPhoneを四隅のプラスチックで固定するタイプ。しかも、画面を保護するフリップは縦開きだったため、何気に使いやすかった。ところが、今回のケースはフリップが横開きで、iPhoneは画面部分がくり貫かれた革の筒に横から入れる方式。そのため、写真は撮りづらいし、画面の縁をけっこう厚さのある革が覆ってしまうため、文字入力もこのうえなくしづらい。
しかも、フリップをホックで留めるようになっていて、ただでも革製で厚いケースが無駄に厚くなっているのもいただけない。僕は、普段、ジーンズのケツポケットにiPhoneを入れているのだが、これまでよりもケースが厚くなったのに加え、ホックがポケットにひっかかるため、出し入れしにくくて困る。
それと、横開きが不便だと痛感したのは、片手ではかなり持ちにくいということ。しかも、ストラップホールも付いていないので、片手だと、ちょっとしたことで落としそうになる。結局、僕は悩んだ挙句に、自分でストラップホールを付けたのだが……。

というわけで、個人的には、できるだけスリムで、Suicaカードが収納でき、かつストラップホール付きのまともなケースが欲しい。革にはこだわらないし、フリップも不要。とにかく、上記を満たすようなケースを一刻も早く、どこかで作ってもらえないだろうか?

comments

初めまして。
加えて前面カバーがついているタイプで、カバーの脱着がマジックテープでなくボタンタイプのヤツが欲しいですね。マジックテープタイプはすぐに毛羽立ってくっつきが悪くなるので。

   

trackback

pagetop