August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

5年ぶりに電気シェーバーを新調。

 5年ぶりに、電気シェーバーを新調した(カミさんからの誕生日プレゼントである)。これまで使っていたのはナショナルのリニアモータータイプ(振動数毎分13000ストローク)だったので、今回も同じパナソニック製のラムダッシュES-ST23をセレクト。価格コムの電気シェーバー部門では売れ筋ナンバー1のモデルだ。

現在、パナソニックの最上位モデルは14000ストロークを誇るが、たぶんその差はわからないだろうということで、コストパフォーマンス優先のセレクト。前モデルと大きく異なるのは、はやりのウエット剃りに対応している点。僕はお風呂に入るときは、断然ひげ剃り派なのだが、今回、ラムダッシュES-ST23を使ってみて、おおっー、お風呂の電気シェーバーも悪くないと感じた。

僕だけかもしれないが、ひげ剃りをあてるときは、どうしてもシェービングフォームじゃないと、スッキリ感がないのだが、ES-ST23は石けんでもまずまずの剃り心地。これなら、替え刃もシェービングフォームもいらないので、ランニングコストも安く済む。

不満点は、ボディが細身で、しっかりとホールディングしにくいときがあることと、AC給電しながらのシェービングができないこと。従来のモデルはボディのお尻にAC給電用の端子があり、ここにケーブルをつないだままで使うことができたのだが、ES-ST23はウエット剃り対応のため、給電端子のようなものがないからだ。

ちなみに、ES-ST23の場合、ボディのヘッド下あたりに金属のポッチが左右に二つあり、充電スタンドにES-ST23を差し込むと、ここから充電される仕組み。そのため、ACアダプターを直接つなげないというわけなのだ。

とはいえ、電池残量が少なくなると教えてくれるので、何の前触れもなく使えなくなることはないし、1時間で充電が完了するので、大きな不満はない。あとは、しばらく使って、本体のヘッド部がもうすこし滑らかな感じになれば、さらに剃り心地はよくなるはずだ。

comments

   

trackback

pagetop