March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Powershot Nがおもしろい!

 Powershot N
キヤノンのPowershot Nが到着して、1週間。いろいろな被写体を撮りまくっている。
最大の特徴は、1回のシャッターで3枚の写真を撮り、そこから5種類(元画像を入れて6種類)の写真を自動生成してくれるクリエイティブショット。流行りのフィルター機能のように色や光の加減を変えるだけでなく、構図まで勝手にいじってくれるのがおもしろい。

もちろん、そのすべてが「当たり!」というふうにはならないが、自動生成される5種類の写真の中には、時折、「なるほど!そうきたか!」というカットが混ざっていることがある。思いもつかないような構図と、ふだんは面倒くさくてあまりやらない露出や色の処理が、自分のツボにハマると、ますますいろいろな写真を撮りたくなってくるというぐあいだ。

しかも、個人認識機能があるので、例えば、家族を1人ひとり登録しておけば、その人を優先的に処理。例えば、たくさんの子供たちを撮ったときでも、クリエイティブショットによって、我が子だけをクローズアップしたようなカットも出来上がったりする(たぶん)。

Wi-Fi機能もなかなか優れていて、実に簡単な操作でiPhoneやスマホと接続することができる。具体的には、本体にはワンタッチスマホボタンがあり、これをワンプッシュして、次にスマホ側で「CameraWindow」というアプリを起動すれば、自動的にPowershot Nに接続、あとはアプリ上でカメラ内の画像を閲覧したり、ダウンロードしたりが可能になる。

アプリ側でデジカメとの接続を解除すれば、デジカメの電源は勝手に切れるようになったいるので、例えば、Powershot Nで撮影したら、そのままワンタッチスマホボタンをプッシュしてバッグに放り込むという操作をしておけば、あとはすべてスマホ側で操作ができるというわけだ。FacebookやTiwtterに画像をアップロードするときは、この操作がとても便利に感じる。

ただし、残念なのはバッテリー容量の少なさ。NB-9Lというタイプで、CIPA基準だと、たったの200枚しか撮影できない。特に、Wi-Fi機能を使うと、さらに消耗が早い気がする。早速、予備のバッテリーを注文したが、旅行などではこれでも心もとない。しかも、USB給電は可能なものの、チャージャーの配線が特殊なものらしく、iPhone用のACアダプターなどは使えない(付属品を使うのが吉)。この辺も何とかしてほしいところだ。


comments

   

trackback

pagetop