December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

結局、買ってしまったiPod touch。

iPhoneが出るまで! と見て見ぬふりをしてきたiPod touchだったが、結局、買ってしまった……。しかも、最初は8MBモデルで我慢しようと思っていたのだが、お金を支払う直前で思い直し、16MBモデルを購入。年末というのは物欲が高まるというか、財布の紐がゆるむというか、まったくもって危険なシーズンだ。

とまぁ、そんなわけで12/3に購入してちょうど10日になるが、結論からいうと、iPod touchはexcellent!の一言だ。指先で操作できるタッチパネルについては、いろいろなブログで書き尽くされているので僕が触れるまでもないが、一つ感心したのは、教えれば子供でも使いこなせるということ。実際、玄(1歳4ヵ月)に写真アルバムの見方を教えたら、つたない指先でページをめくり、次の写真を表示させられた。カバーフローだってお手のもの。たぶん、2歳くらいになったら、自分の好きな音楽やビデオを選択して、それを再生して楽しむくらいはできるようになるはずだ。

ジョブズは、今年1月のiPhoneの発表会で「アップルは3度ユーザー・インタフェースの革命をもたらした」(1回目はマウス、2回目はクリック・ホイール、3回目はマルチタッチ)と発言したが、その革命とは、単にユーザーに新たなエクスペリエンスをもたらすというだけでなく、これまでパソコンやデジタル家電を使いこなせなかった人にまで可能性を広げるということだ。例えば、先に挙げた幼児の例。はたまた、マウス操作が苦手な高齢者。指や手に障害を持った人。iPod touchが具現化してみせたインターフェースは、アップルがパソコンやデジタル家電にもたらす未来を先取りしているようにも見える。

インターフェースだけで、ここまでのことを語らせてくれる商品自体、珍しいと思うが、それだけに満足感は大。もちろん、不満がないではないが、愛着を持てる商品が少ないこの時代、iPod touchは実に貴重なアイテムであり、体験なのであった。

Apple iPod touch 16GB MA627J/A
Apple iPod touch 16GB MA627J/A

超小型Bluetoothアダプターを購入。

7月にゲットした松下のモバイルノートCF-R6MW4AJRだが、いくつかある不満の一つが、Bluetoothを内蔵していない点。なかなか普及しないBluetoothだが、僕はモバイル機器にこそ、Bluetoothは必須だと思っている。

Bluetoothのメリットは、さまざまな機器をワイヤレスで接続できる点。その種類は非常に多岐にわたり、キーボード、マウス、マイク付きヘッドセット、ヘッドホン、携帯電話、プリンターといった感じ。もちろん、パソコンどうしもBluetoothで接続し、ファイルをやり取りできる。サイズ的な制限の多いモバイルノートにBluetoothがあれば、携帯電話を使ってワイヤレスでネット接続したり、無線LAN環境下でSkypeをしたりもできる(こんなものを使う)。また、自宅や会社では、小さいキーボードの代わりに、大きめのBluetoothキーボードを使うということもできるのだ。

そんなわけで、Macも含め、各社のノートパソコンはBluetooth内蔵タイプが少なくないのだが、なぜか松下のモバイルノートだけは徹底してBluetoothを排除している。といって、従来タイプは普通のUSBメモリーくらい大きくて、常時、USB接続しておくには向かない。そんな中、登場したのが、プリンストンのPTM-UBT3Sというわけ。
プリンストンテクノロジー Bluetooth USB アダプター PTM-UBT3S
プリンストンテクノロジー Bluetooth USB アダプター PTM-UBT3S

全長は19mmしかなく、CF-R6MW4AJRに取り付けると、出っ張りは9mm。これくらいなら、常時、差し込んでいても邪魔にならない。


ちなみに、PTM-UBT3Sのドライバーだが、8cmのCD-ROMが付属してくる。ところが、CF-R6MW4AJR以外のうちのパソコンはMacのため、すべてドライブはスロットイン。また、CF-R6MW4AJRはドライブレスだから、ドライバーのインストールができず、とっても困った。プリンストンのサイトにもドライバーが置かれていないし。で、ようやく見つけたのが、Bluetooth Stack for Windows by Toshiba。これをインストールしたら、無事、動作するようになった。うちで接続が確認できたのは、iMacにMacBook、Mac用のBluetoothキーボード、携帯電話のW52T、松下のBluetooth ワイヤレスオーディオレシーバーなどなど。特に便利だと思ったのは、やはりW52T経由でのインターネット接続。無線LANの環境を気にせず、どこででもネットに接続できるのは、やはり素晴らしい。

ただ、問題はパケット料金。正直、高額な料金が怖くて、常時、使用は無理だ。どこもはすでに、パソコン用のパケット定額サービスを開始しているが、肝心のauはまだ。年内に何らかの発表があるのではないかと期待しているが、その料金設定次第では、携帯経由でのネット接続もありかなぁ〜と思う。

Rollyって、どうですか?

9月10日に発表されたソニーのRolly。すでに、海外のCMがYouTubeにアップされている。


Rollyには、封印されたAIBOの技術が搭載されているということで、確かに、CMを見るかぎり、その動きは何だか楽しそうではある。でも、これに3万9800円のお金をつぎ込んでまで、手に入れたいかとなると、9割以上人が NO というだろう。古川亨氏のブログでは、ソニーの社内事情に触れながら、Rollyという商品の微妙さを解説しているが、まぁ、一般消費者からしたら、社内事情はどうでもいい。要するに、Rollyを見て、多くの人が思うのは、「ソニーって、一体、何考えてんの?」ということだ。

いくら素晴らしい技術があったとしても、ユーザーのライフスタイルを変えてやろうというほどの強い意志がなければ、メーカーとユーザーはすれ違ってしまう。Rollyはそのいい例だろう。Wiiはその斬新なゲームスタイルで、より多くのユーザーに新しいゲーム体験を提供した。しかし、PS3にしろ、Rollyにしろ、そこに見えてくるのは、技術をベースにした商品展開でしかない。古川氏は、ソニーにはまだ遊び心を失っていない社員がいるというけれど、単なる遊び心だけでは、既存のライフスタイルを変えることはできっこない。

これは勝手な想像だけれど、たぶん、Rollyはユーザーありきではなく、ソニーらしさありきの商品なんだと思う。ソニーらしさを取り戻そう的な気分の社員が企画し、会社も半信半疑ながら GO を出し、半ばお祭り的に商品化されたのがRollyだ。そう考えれば、ディザー広告やプロモーションサイト、スペシャルイベントなどの変な盛り上がりも納得できる。そして、この温度差こそが、Rollyに多くの人が感じる違和感なのだと思う。せめて、さらりと発表していれば、僕もブログネタにせずに済んだわけだし、iPodのライバルみたいな取り上げ方もされなかったと思うのだが、いかがであろうか?

どうする? iPod touch。

すでに予約している人が続出していると思われるiPod touch。僕も9月6日の発表会には足を運び、実際に、そのインターフェースに触れて、驚嘆して帰ってきたのだが、いざ購入となると、ちょっとためらってしまう。

iPod touchは文句なく素晴らしい商品だし、今後のデジタル商品のインターフェースに何らかの影響を与えるであろうくらいのインパクトを持っている。でも、マルチタッチインターフェースが最も威力を発揮するのは、内蔵ブラウザーのSafariを操作するときであり、たぶん、ジャケット写真をペラペラめくったり(Cover Flow)、デジカメ写真を二本指で拡大・縮小したりするシチュエーションはあまり多くないと思われる。実際、今使っているiPod videoで、ジャケット写真から聞きたい曲を選んだり、デジカメ写真を楽しんだりすることはほとんどない。それに一度、曲を聴き始めたら、iPodの画面をいじる必要はあまりない。

と考えると、僕にとって、iPod touch購入の判断は、Safariを使う機会がどれだけあるかにかかってくるといっても過言ではない。もし、音楽を聞きながら、Safariでニュースサイトやブログが読めるとか、検索ができるとかいうのであれば、iPod touchのマルチタッチインターフェースには大きな意味が出てくるが、残念ながら、僕が通勤する経路に公衆無線LANが使える場所はあまりない(そもそも、サイトにアクセスするために、自分が無線LANの電波のある場所まで行くというのはナンセンス)。つまり、ネットに接続できないのであれば、iPod touchで音楽を聞きながら画面を指で操作するというシチュエーションはあまり想像できないというのが、僕の現在の結論だ。

自宅や会社では無線LANに接続できるけれど、パソコンがあるのに、わざわざSafriを使う意味もあまりない。マルチタッチインターフェースは非常に優れていると思うが、もう少し自分が使うシチュエーションを想像しないと、買ったはいいけど、ほとんどいじっていないということになりそうだ。予約した人も、もう一度、その辺は考えるべきだと思う。

E-510、その後。

久々のブログ更新だが、E-510はそれなりに活躍している。

以前の記事で、E-510のAFの弱さ、ダイナミックレンジの狭さ、ホワイトバランスの不確かさを指摘したが、購入後2ヵ月を過ぎた今でも、やはりその印象は変わっていない。今日もデジカメWatchで「オリンパス E-510【第7回】 ハイライトのクセを検証」という記事を読んだが、E-510の白飛びのしやすさは、僕じゃなくても、多くの人が感じていることらしい。今週の日曜日は、天気がよかったので、玄ちゃんを連れて上野動物園に出かけてきたのだが、やはり、晴れた空と樹木の暗がりが同居するようなシーンでは、空が白く飛びがちになってしまう。上記の記事では、白飛びを抑えるために、筆者があれやこれや頑張っているが、日曜カメラマンの僕は、ソフト的に何とかするのは無理。できれば、E-510のファームウエアの変更とかで何とかならないものかと思っている。
逆に、E-510の恩恵に預かりながら、そのメリットをしっかり感じ取っていないのが、下のようなシチュエーション。

これは、上野動物園のパンダを撮影しものだが、場所はかなり暗く、焦点距離も119mm(35ミリ換算で約240mm)と長い。そのため、本来なら手ブレ必至なわけだが、E-510なら手持ちでもバッチリ撮ることができる。

こういう言い方は正しくないのかもしれないが、フォーサーズを積んだE-510は、真夏の日中よりも、秋の夕暮れ時が似合うカメラなのかもしれない。また、AFに関していうと、子供やペットより、じっくり撮影できる花が似合っているのかもしれない。

E-510を買って、K10Dを思う。

前々からペンタックスのK10Dを狙っていた僕だが、K10Dの商品供給体制が悪かったせいで購入がズルズルと延びてしまい、結局、オリンパスのE-510を買ってしまった(おかげさまで、というべきか)。
OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-510ダブルズームキット
OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-510ダブルズームキット
K10Dのようなことが起きないように、今回は発売日前に予約をいれ、6/29の発売日にゲット。でも、これは杞憂だったようで、このE-510は店頭に潤沢に商品が並んでいた(発売日を前倒しにしたにもかかわらず)。もちろん、昨年末と現在ではデジタル一眼レフ市場の状況が違うということもあるが、市場動向をしっかりと読み、かつ供給体制を整えるというのは、商売の基本。しかし、K10Dのような商品不足という事態を見てしまうと、ペンタックスは企画、開発、営業の連係がうまくいっていないのかなぁと考えざるを得ない(ニンテンドーWiiはそれを意図的にやっている気がするが)。

そして、このことは、次の新製品を見てもわかる。
ペンタックスでは、K100Dの後継機としてK100D Superという新製品を7/12から発売するのだが、これがなんと今どき610万画素。ダストリダクションと超音波AFへの対応が唯一の変更点らしいが、デジタル一眼レフ初心者は、もし、7万数千円を払うなら、ほとんどの人がキヤノンのEOS Kiss Digital XがニコンのD40xを買うはずだ。なぜなら、これらは1000万画素機だからだ。個人的には、610万画素のデジタル一眼レフが悪いとは全然思わないが、消費者のニーズとして見ると、500〜600万画素のコンパクトデジカメを持っているユーザーが、わざわざ610万画素のデジタル一眼レフを欲しいと思うわけがないのである。

では、何ゆえ、このような新製品が登場したのか?
現在、ペンタックスはK10D以外の新しい商品ラインアップを持っていないのだが(下位モデルとして、K100Dがあるにあるが、1年前の製品で610万画素)、K10Dがカメラグランプリを受賞したことで、イメージがグ〜ンとアップ。しかし、いくらイメージがアップしても、初心者に売る商品がない。そこで、急遽、K100Dに細工をしてK100D Superが登場したというのが、実情ではないだろうか? つまり、K100D Super登場の背景には、何でもいいから、今初心者に売れる新製品を投入して欲しいという営業側の強い要請があったのではないかと考えられる。

とはいうものの、デジタル一眼レフは、初心者向きクラスでも1000万画素機が当たり前。だから、まともな商品企画担当者なら、K100D Superなんて商品企画は出さないだろうし、ユーザーだってK100Dの後継機はきっと1000万画素機になるだろうと考えていたはず。でも、実際にそうはならなかったところに、ペンタックスが抱えている問題の根の深さがあるように思えてならない。

昔から、一眼レフカメラは、初級、中級、上級、プロといった形で商品ラインアップが形成されており、ユーザーは自分の力量や目的に合わせて、カメラを選ぶことができた。逆に言うと、カメラメーカーは商品ラインアップを通じて、自社の一眼レフカメラの思想をユーザーに伝えていたともいえる。ところが、ペンタックスはK10Dのような実力派モデルを作れる技術力がありながら、それを軸とした商品ラインアップを作れない。企画、開発、営業はそれぞれ、自分のポジションで頑張っているのだろうが、ペンタックスが将来のデジタル一眼レフについてどんな思想をもっているのか? ということまでは見えてこない。実は、ペンタックスの経営がゴタゴタしているというのも、あながち無関係ではないと思っている。

いいカメラを作れても、そこに思想がなければ、ユーザーはついてこない。ペンタックスには、くれぐれも、”仏像作って魂入れず”にならないよう、頑張ってもらいたい。これが、オリンパスに宗旨替えした僕のさよならの言葉である。

USBメモリー、使ってますか?

知らない間に普及してしまったアイテムの中に、USBメモリーがある。パソコンにフロッピーが付いていた時代には思いもしなかったが、今や、1GバイトタイプのUSBメモリーが3000円を切る時代。ほとんどの職種において、1Gバイトあれば、まずパソコンデータの持ち歩きに困ることはないだろう。
僕は、某社の発表会でもらった超薄型のUSBメモリー(1GB)を使っているが、最近、思ったのは、ケータイにもmicroSDカード(1GB)が刺さっていて、完全にメモリーのインフレ状態に陥っているということ(メモリー容量過多である)。しかも、microSDカードにはケータイで撮ったQXGA(2048×1536)のデジカメ画像がたくさん保存されているにもかかわらず、いざコンビニや電器店などのプリントマシンで印刷しようとしても、microSDには対応していないので、印刷も出来ない。

要は、miniSDへの変換アダプターを持ち歩けばいいのだが、あんな小さいものをなくさずに持ち歩く自信はない。で、思いついたのが、miniSDカード対応のカードリーダーを持ち歩くという手だ。これなら、いざというときは、ケータイのmicroSDカードを挿して、USBメモリーとしても使える。というわけで、購入したのは下記の製品。

電器店に行くと、miniSD対応のカードリーダーはいろんな種類があるのだが、ほとんどがminiSDスロットを持ったコンパクトなもので、miniSDを本体に内蔵できるカードリーダーはほとんどない。グリーンハウスのGH-CRMD1-U2は、そんな中、やっと見つけ出した1個。サイズも内蔵タイプの割にまずまずコンパクト。とゆーわけで、最近は、コイツにminiSDアダプターを挿し込んで持ち歩くことにしている。ケータイを忘れたら、元も子もないが、これでUSBメモリーとminiSDアダプターの持ち歩きが実現。
といって、なかなかコイツを使うときなんてないんですけどね。

久々の衝動買いは、ロケフリ。

前々から欲しかったソニーのロケフリ。でも、単にPSPでテレビやビデオが見られるという割には、値段は3万円以上(発売時)もし、さすがに手が出なかった。
LF-PK1 ロケーションフリーベースステーション
LF-PK1 ロケーションフリーベースステーション

ところが、昨日、ビックカメラを物色していたら、なんと旧モデルのLF-PK1(2005年10月発売)が約半額の1万4800円(ポイント10%)で売られていた。現在は、LF-PK20という新製品が発売中で、PK1は在庫セールだと思われるが、はっきりいって両者の違いはMPEG-4 AVC対応か否か程度。PSPで見るレベルなら、違いはないに等しい。というわけで、久々に衝動買いと相成った(仕事のストレスかと思われる)。で、早速、深夜残業から帰った午前3時(サイゾーは起きて待っててくれた)。おもむろにセットアップを行った。かなり手間取るかと思ったが、設置&セットアップは30分程度。現在、据え付けてあるRD-H1からLF-PK1に対して、アンテナケーブルとAVケーブルを接続。さらに、ハブからLANケーブルを伸ばしておしまい。セットアップはすべてPSP経由でできるので、これまた非常にお手軽だった。
ソニーのロケーションフリーのいいところは、AV入力を持ち、さらにAVマウスという機能を採用している点。AVマウスとは、AV機器をロケーションフリー側から操作するためのしくみで、ロケーションフリーに付属の赤外線アダプターを有線でつなぎ、それをDVDレコーダーなどの前面に貼り付ければ、簡単に機器のリモコン操作が可能になる。要するに、PSPで単にテレビを見るだけでなく、DVDレコーダーの電源をオン/オフしたり、録画番組を再生したりできるようになるというわけ。
下の写真がまさにその映像だが、家電メーカーだけあって、非常に操作性がいい。自社製レコーダーだけでなく、パナソニックや東芝のレコーダーでもしっかり操作できるあたり、ソニーの底力を感じる。ちなみに、もう少し詳しくいうと、この映像は会社で撮影したもの。つまり、会社の無線LANにPSPを接続し、インターネット経由で自宅のDVDレコーダーの電源を入れ、録画番組を再生している。こんなことが特別な設定なしにできるのも、大きな驚きだし、家電メーカーならではでもある。
ワンセグチューナーもいいけれど、PSPを持っている人は1万4800円の出費で、ロケーションフリーに挑戦してみるのもいいのでは?

またまたバッテリー充電アイテムを買ってしまう。

ケータイのバッテリー問題。」という記事で触れているが、とにかく充電モノに弱い。ケータイにしろiPodにしろ、とにかく手持ちグッズの電池切れには強い強迫観念がある。そのため、街で新しいバッテリー充電アイテムを見かけると、ついつい手を伸ばしてしまうのだ。
先日買ったのは、リンケージのLI-04LWというリチウムバッテリー式の充電アイテム。どこがすごいかというと、バッテリーなのにプラグを内蔵していて、コンセントに直接挿して充電ができる点だ。ほとんどの充電アイテムが、充電用にUSBケーブルやACアダプターが必要で、これがないとバッテリーが切れたときに充電する手だてがない。ところが、コイツは本体だけあれば、充電が可能。これは何とも心強い。出力はUSB端子経由で行うので、後はケータイやiPodの充電用USBケーブルがあればいい。
最近はUSB経由で充電するアイテムが非常に多いが、例えば、新幹線の車内で電池が切れたとき、USB経由とはいかない。確かに、オフィスではUSB経由というもの悪くないが、いざオフィスを離れると、なかなかUSB経由というのは難しい。コンセントなら、たいていのところにあるから、危機を脱出するという意味では、このLI-04LWのプラグ内蔵というのは悪くない発想だ。
ただし、災害時にもこれでいいかどうかは疑問。そもそもコンセントの電源が確保できるのかという問題がある。それよりは、手回し充電や単3電池を電源にする充電アイテムのほうが実用性が高い気もする。結局、今回も決定打とはいえないアイテムであるが、少々前進しているとはいえそうだ。
リチウム電池内蔵AC充電器 Ipod用 LI-04LW
リチウム電池内蔵AC充電器 Ipod用 LI-04LW

玄箱、卒業。

ず〜っと悩んでいたのだが、ついにLAN型ハードディスクのHDL-GX250を購入。容量単価はHDL-GX300のほうがお得なのだが、お得なだけに品切れ状態が続いているらしく、HDL-GX250で我慢した。

さて、このLAN型ハードディスクは別名NAS(ナス)と呼ばれるが、我が家にはすでに自作NASキットである玄箱が存在する。こいつはリナックスを駆使することでかなりいろいろなことができるのだが、それを実現するには、相当な覚悟と時間とトラブルが必要。しかも、常にいじっていないとコマンドすら忘れてしまう。そんなわけで、オモチャとしての玄箱はとてもおもしろかったのだけれど、玄ちゃんが産まれてからというもの、ただでも自分の時間が少なくなりがちで、もう玄箱と戯れている暇はないと達観。これからは、玄箱と別れ、玄ちゃんと戯れるのだ。なんちゃって。

I-O DATA ギガビット対応 LAN接続ハードディスク「Giga LANDISK」250GB HDL-GX250
I-O DATA ギガビット対応 LAN接続ハードディスク「Giga LANDISK」250GB HDL-GX250
» read more
<<back|<12345>|next>>
pagetop