August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Kindleで読書量が増加!?

評価:
Amazon.co.jp
¥ 7,980
(2012-11-19)

Kindle Paperwhiteを本格的に使い始めて、10日。すでに、Amazonで購入した書籍を5冊、自炊した書籍を1冊読み終わった。

実は、ここ1、2年の読書量の少なさは、自分でも驚くほどで、たぶん月に1〜2冊がいいところ。最大の理由は、iPhoneやiPadでブログやネット記事を読むと、それでお腹いっぱいになってしまい、ゆっくり読書をしようという気にならないこと。それまでは、本を土日の暇なときにどっぷりと読んだり、会社の行き帰りに細切れに読んだりしていたのだが、仕事がのべつ幕なしに忙しくなり、土日も暇が少なかったりしたことから、知らず知らずのうちに読書量が減ってしまっていたのである。

まぁ、半分は言い訳だけれども、その状況をガラリと変えてくれたのが、電子書籍端末のKindle Paperwhiteだ。これまでも、iPhoneやiPadで読書をしようと試みたことはあったが、残念ながら、長続きしなかった。その理由は、バックライト液晶の目に突き刺さるような光と、読書中の集中力をかき乱す各種通知。通知はオフにすればいいのだろうが、これが意外にめんどう。しかも、ニュースサイトやショッピングサイトから送られてくるメールは、実に興味をそそるメールばかりなので、読書中にそんなメールの通知を目にしてしまうと、それっきり読書から離れて、ネット巡回が始まってしまう。

インターネットが普及し、リンクというものがどれほど便利なものなのかかを多くの人が学んだはずだが、リンク→リンク→リンク→リンクという輪廻は、人の興味をひと所に留めない、落ち着きのなさを生む。もちろん、リンクが知の拡大を生むこともあるが、僕のように、もともと落ち着きのない人間は、リンクの世界から隔離されなければ、集中して本を読むことができない。そこで、Kindle Paperwhiteというわけだ。

ご存知のように、Kindle Paperwhiteはネットにはつながっているものの、基本的には読書に特化した端末。読書中にメールが来たり、アプリの通知がされたりすることはない。しかも、とても軽いので、どこにでも持ち歩くことができる。ちなみに、僕の読書量が一気に増加したのは、Kindle Paperwhiteにしてから、途切れずに読書ができるようになったため。特に、ベッドの中ではバックライトが大活躍だし、防水ケースに入れることでお風呂の中でも読書ができる。また、込んだ電車の中で片手で読書できるのもいい。

もう一つ便利なのは、荷物を増やすことなく、複数の書籍を持ち歩けることと、1冊読み終わって手持ち無沙汰になっても、すぐに次の1冊を調達できること。つまり、無駄な空き時間をすべて読書時間に当てられるようになったというわけだ。もちろん、iPhoneやiPadで今まで通りに情報収集することも大切だが、今、悩んでいるのはそのバランスをどう取るか。ブログやネット記事も、それなりに処理しないと溜まってしまうからだ。

ただ、一つ決めたことがある。それは、ベッドサイドにはもう、iPadは持ち込まず、Kindle Paperwhite1台にしようという点。どうやら、そのほうが心の平穏が保てることがわかった。実際、iPadではまぶしすぎて、覚醒してしまう。しばらくは、Kindle Paperwhiteオンリーで、どこまで読書漬けが続けられるか、試してみようと思う。

危険な雪の公園。

昨日はものすごい雪だったので、ガスバーナーとコンロ、水を持って、玄と近所の中央公園に出かける。さすがに、あの雪の中、公園に来る酔狂な人はいなかったので、足跡のない真っ白な公園を二人で散策。その後、手頃な場所で昼食……の予定だった。

ところが、そのすぐあとで、都会の雪の公園がとても危険だということを思い知る。な、なんと、雪の重みに堪えかねた木の枝が、かなりの轟音とともにへし折れて、次々と落ちてくる。それも、か細い枝なんかじゃなくて、玄の腕よりも太くて、長さも2メートルくらいありそうな枝が頭上高くから、ピシッ、メキメキッ、ドーンという感じで落ちてくる。

最初の一撃は、玄のほんの1メートル脇に落ちてきた。頭に当たったらあわや大怪我という大きさで、慌てて屋根のあるベンチに避難。そこで、カップラーメンを食べることにした。しかし、お湯を沸かし、ラーメンをすすっている間にも、公園のあちこちで、枝が折れ、地面に落ちる音が鳴り響き、その度に二人でビックリ。ベンチの周囲でも、わずか10分か15分の間に5〜6本の枝が落ちてきた。

そんなわけで、帰り道は本当に気を遣い、玄の手を握りしめながら、大きな木の下はダッシュするように家に帰った。それにしても、まさか近所の公園で命の危険を感じるとは思わなかった。凍った路面で滑って怪我をする人が多いようだが、都会の雪の公園も十分に危険。お気をつけあれ。

本年もよろしくお願いいたします。

元旦は太平洋側は全国的に晴れ渡って、まずは平穏な年明けですね。

昨年は父が他界したため、私は服喪中で、新年の挨拶は控えさせていただいておりますが、皆様にとって良い一年になりますよう、お祈りしております。

また、年賀欠礼のご連絡が行き届かなかった方々には、この場を借りてお詫び申し上げます。

たくさんの感動と驚嘆をありがとう!


スティーブ・ジョブズ、本当にお疲れ様でした。
ご冥福をお祈りします。

そして、新たな旅立ちをする新生アップルに幸あれ!

iPhone5のホームボタン問題。



IPhone5用の保護ケースや画面保護シートが流出した問題で、そのデザインから今度のiPhone5ではホームボタンが横に長くなるのではないかという噂が流れている。
古くからのiPhoneユーザーは丸いホームボタンに強い愛着があるため、そうした基本的な部分を変更すると思えないという願望に近い声も聞こえてくるが、僕は横長はアリだと思う。もちろん、物理的な横長ボタンではなく、タッチパネルでの搭載だ。

そもそも、従来のホームボタンは、故障が多いうえ、誤動作(ポケットやカバンの中で勝手に押されてしまう)や誤操作(ゲーム中に間違って押してしまう)が起きることもあった。しかし、それより何より、タッチパネル端末として、こうしたハードボタンをなくしていくのは必然という気もする。

そもそも、Appleは、初代iPodで人気だったホイールスクロールをタッチホイールに変え、今ではそれすらも廃止しようという割り切りのいいメーカー。iPhoneのホームボタンがタッチボタンになっても、まったく不思議はない。問題は、それによってどんなメリットがもたらされるかだ。

まず、Appleにとっては、全世界的には膨大な数になるであろうホームボタンの修理から解放される。そして、我々ユーザーにとっては、次のようなメリットが考えられるのではないだろうか。

(1)iPhoneのロック解除が、横長のタッチボタン(少し窪んでいるはず)を横になぞるだけで済むようになる。つまり、ワンアクションでロック解除。
(2)カメラのズームが、このタッチボタンのスライドで可能になる。
(3)もしかしたら、ホーム画面の切り替えや、Safariの画面のスクロールも可能になるかも。
(4)ゲーム中にタッチボタンをオフにしすることで、誤操作を防げる。また、ゲームのトリガーとしても使える。
(5)ダブルタップやマルチタッチで、機能を追加できる。

と、短時間でもかなりのメリットが思いつく。他にも、ジェスチャーでアプリを起動させたりできそうだ。

というわけで、僕はiPhone5のホームボタン横長化に一票なのだが、一体、実際はどうなることやら。10月が楽しみだ。
<<back|<1234567>|next>>
pagetop